海外医薬品は2014年の改正法により現在は通販で購入することが可能です。

MENU

海外医薬品の安全性と買い方

 

海外医薬品

 

医薬品は従来、薬剤師がいる薬局でしか購入する事ができませんでした。
しかし2014年の法改正によって第1類の医薬品の通信販売が解禁になり、環境が大きく変わりました。
医薬品は製薬会社の卸値が高く、通販を利用しても送料の問題などもあり、国内の大手製薬メーカーの商品はそれほど割安感がありません。
しかし、店頭に行く手間がなく自宅から手軽に注文をできるのは大きなメリットです。

 

特に、ED治療、育毛剤、媚薬など店頭購入に羞恥心が出るカテゴリーは通販解禁によって大きく売上を伸ばすようになりました。

 

通信販売解禁で普及した海外医薬品

 

医薬品を通販で購入できるようになって注目されたのが海外医薬品です。
海外の医薬品は日本に比べて割安なものが多いです。
品質に不安を感じる方もいますが、ジェネリック医薬品のように大手製薬会社と同じ成分配合をした薬もあるので効果や安全性も高いです。

 

ED治療薬や育毛剤などは国内大手メーカーでは高価なものが多く、コンプレックスを持っている方も手軽に購入できない問題がありました。

 

こうした悩みを解消する医薬品は継続利用することも求められるので、どれだけ良い薬があっても経済力がないと購入できません。

 

海外医薬品は国内製薬メーカーよりも大幅に安く、同等の効果を期待できます。

 

 

安全性も高い

 

通販を含めて日本で販売される医薬品は全て厚生労働省の検査を受けて安全性が認められたものだけです。

 

海外医薬品は、海外メーカーが海外で製造したものと、メーカーは海外だけど日本国内の工場で作られたモノの2種類があります。
いずれも厚生労働省の検査を必須になっているので、アレルギーに該当するなど服用基準を満たしていない方を除いて、海外医薬品を飲んで身体に悪影響が出ることはほとんどありません。

 

当然ですが、アレルギーや年齢制限、服用量を守らなければ国内の大手製薬会社の医薬品でも副作用などの弊害が発生するリスクは出ます。

 

 

個人輸入医薬品が人気

 

海外医薬品を通販で購入する男性

 

海外医薬品の中でも、個人輸入の医薬品が人気を集めています。
個人輸入される医薬品は主に日本で医薬品の認可を受けていないものになります。
それでも海外では認可を受けて販売されているものなので、安全性と効果を十分期待できます。

 

日本国内では、ED治療、育毛剤、媚薬の医薬品認可基準が厳しいです。
つまり、日本の医薬品認定を受けていないことで効果やリスクが変わることはほとんどありません。
海外医薬品には優秀なものも多く存在します。メリット・デメリットをよく知った上で購入を検討していきましょう。

 

なかには、海外で爆発的ヒットをしていて国内の医薬品よりも効果が高く利用者の口コミや評判が良いものも多数あります。

 

 

購入方法

 

基本的に専門の通販業者から利用します。
海外医薬品は個人輸入を中心に、ED、薄毛治療などに特化した医薬品を専門に扱っている通販サイトが多いです。
基本的に注文を受けてから海外から発送されて、税関を通過したのちに注文者のもとへ届けられます。

 

購入自体はネットから簡単にできますが、納期は2週間~4週間ほどかかることが多いです。
Amazzonや楽天などの通販サイトには登録がなく、専門業者のホームページから直接注文する形になります。
送料や納期がネックになるので、気に入る薬を見つけたらまとめ買いをされる方が多いです。

 

 

実際にどれほど安くなるか

 

安さにマル印をつける女性

海外医薬品で人気が高いのがジェネリックです。
おおよそですが、正規品よりジェネリックは開発コストがかっていないので3~5割安くなると言われています。(参考:正規品とジェネリックの違い

 

日本ではジェネリックの普及率は低いですが海外の平均では70%以上がジェネリックになってきていて、ED治療薬や育毛剤、媚薬などのジェネリックもあるのが特徴です。
さらに海外医薬品は単価自体が安いので国内のジェネリックよりさらに安くなることもあります。

 

ただし、輸送コストが高いので、小売価格を送料込みでみれば2~4割安くなるといったところです。

 

安さだけではなく、海外医薬品には日本で導入されていない高配合商品もあり、国内正規医薬品より効果が高いものも多数あります。