医師が認めた医薬品を患者に提供するので、安全性があり高い効果を期待できます。

MENU

海外医薬品を病院で購入

 

海外医薬品は一部の病院でも取り扱っています。
病院で取り扱う海外医薬品は在庫の用意があり、医師が効果があると見込んで仕入れた物を適切な患者に提供するので安全性があり高い効果を期待できます。

 

総合病院や一般のクリニックでも海外医薬品を扱うケースはありますが、ごく一部です。
主に美容クリニックで海外医薬品を扱っているケースが多いです。

 

 

病院が海外医薬品を扱う理由

 

クリニックのイメージ画像

病院で処方する薬は基本的に保険適用になり、国産ジェネリックの取り扱いもあるので海外医薬品の需要は少ないです。

 

しかし美容クリニックで扱うED治療薬、育毛剤(発毛剤)、媚薬などは国産の医薬品が非常に少なく価格面など問題点が多いです。
ほかにもクリームをはじめ美容関連商品も海外製の方が安くて高品質のものがたくさんあります。

 

こうした美容クリニックで扱う薬や美容用品は国産品は高価で、なおかつ継続利用の必要性が高いものが多いです。
この問題を克服すべき、医師は海外医薬品を扱い低価格で高性能の投薬治療を提案しています。
病院で扱う海外医薬品の場合、ただコストが安いだけではなく、国産の既存薬よりも海外製の方が高い効果を期待できると見込んで医師が取り寄せているケースも多いです。

 

特にED治療薬や媚薬は国内より海外の方が進んでいます。
「海外医薬品=国産以下の低品質」と勘違いされている方が多いですが、病院が扱っていることは海外医薬品の信頼度の高さを象徴しています。

 

国産品では何を試しても効果が出なかったけど、海外医薬品に切り替えたらすぐに効果が出たというケースも珍しくありません。

 

 

病院で扱う海外医薬品はそれなりに高い

 

基本的には美容クリニックで扱っているものなどは基本的に全て自費購入になります。
病院側の利益ものっかっているので、割安感は少なくなります。
しかし、医師が自信を持って取り寄せた商品なので信頼度が高いですし、服用方法や利用の注意点などを細かく説明してもらえます。

 

海外医薬品の多くはパッケージが全て英語表記なので、最初は医師から細かい説明を受けて購入できるのは大きなメリットです。

 

病院が扱っている海外医薬品のなかには、ネット通販で安く売られているものもあります。
まずは病院から1箱など最低限の内容で購入して、効果が期待できそうであれば2回目以降はネットで購入していく方法もオススメです。

海外医薬品のネット購入

 

一部では、医師が直接個人輸入や特別な卸会社から仕入れていてネットに流出していないものを紹介してもらえる場合もあります。