継続的な服用が必要なので、安くて効果もある海外医薬品の需要が高まっています。

MENU

育毛薬・育毛剤

 

薄毛の悩みコンプレックスは恥じらいの気持ちが大きいです。
最近ではAGA外来など病院でも治療を受けられるようになりましたが、通院に抵抗を感じる人は少なくありません。

 

また、病院に行ったとしても育毛薬や育毛剤の投薬治療が中心で、海外医薬品を扱っている病院が多いです。
国産品でもリアップが医薬品認定を受けて、通販購入も可能になっていますが、コストパフォーマンスが悪いのがネックです。
薄毛の悩みは世界共通で海外医薬品は安くて高い効果が期待できる育毛薬や育毛剤が多数あります。

 

 

ハイブリットパッケージ品が人気

 

育毛成分として高い注目を集めているのが「ミノキシジル」です。
リアップが代表的な商品で最大の売りはミノキシジルによる発毛効果で日本で唯一医薬品として認められている発毛剤です。

 

しかしミノキシジルは比較的最近特許を取得した医薬品で、現状ジェネリック医薬品の取り扱いがありません。
そこで、国産のミノキシジル配合の育毛薬とそのほかの育毛・発毛に効果が高い海外の育毛薬をセットにした通販商品が人気です。
こうしたハイブリットパッケージは一部の海外医薬品通販サイトでも売られていますが、通販サイトによってはミノキシジルなどの先進医薬品を一切扱っていないケースもあります。

 

育毛の分野は近年急成長を遂げているので、商品ラインナップは正規品とジェネリックで若干の差があります。

 

 

内服薬でハゲをなおす時代

 

男性のハゲた頭

一昔前は液体の育毛剤を頭皮に塗る治療法が主流でした。
こうした育毛剤は現在も需要が高く一定の効果を期待できます。
しかし、外側からの治療だけでは根本的な解決にならないケースが多く、身体の内側からホルモンの分泌等を促す内服薬も効果的です。
薄毛の原因は人それぞれなので、内服薬と外用薬のどちらがいいかは一概に言い切れません。

 

内服薬は通院しないと処方されないものが多いですが、海外医薬品であれば通販で気軽に病院と同等の薬を安く購入できます。

 

これまで高級な育毛剤をためしたけど効果が出ないという方は内服型の育毛薬を試してみるとよいでしょう。

 

 

継続的な服用が大切

 

薄毛の原因は体質生活習慣に問題があることが多いです。
原因を根本から解決できれば、投薬治療は一時的でも問題ありませんが、ほとんどの方が育毛剤・育毛薬の使用をやめるとすぐに元の状態に戻ってしまいます。

 

抜け毛が減ったり、髪にコシが出てきたと効果を実感しても、育毛剤や育毛薬は継続的に使っていく事が大切です。

 

継続利用すると、国内の高級品の場合年間数十万円かかってしまう事もあります。
継続的な服用が必要な育毛剤・育毛薬だからこそ、安くて効果もある海外医薬品の需要が高まっています。